当院の提供する本質的な医療

病気だけではなく病気の原因を治すことが必要です

波多野歯科医院院内

虫歯で歯が痛くなったり、歯周病で歯肉が腫れたり歯がグラグラしたり…
また、歯科治療をしても笑顔に満足できず、人前で歯を見せて笑えなかったり…
歯科に関する悩みは尽きません。

では、「修復治療によって虫歯で穴があいた部分を詰める」、「歯周病で歯を失ってしまった部分にインプラントを入れる」、「異常に摩耗してしまった歯の審美性の回復を図る」といったことを行ったとして、歯科に関する悩みから解放されるでしょうか?
残念ながら、それでは歯科疾患は治りませんし、悩みは解消されません。

生じた症状に対する治療を行っても、「なぜ病気になってしまったのか」といった、その現状に至った根本原因を除去するための治療がなされなければ、歯科疾患は治せないのです。

虫歯や歯周病のような、歯を失う原因の90%以上を占める歯科疾患は、口腔内の細菌感染によって生じます
また、感染源である細菌に活躍の場を与えてしまうリスクファクターとして、噛み合わせの状態・喫煙・食習慣などがあります。

当院の3段階の治療ステップ

疾患を治すには治療のルールがあります。そのために我々は、教育・治療・予防の3段階の治療ステップを提案しています。

当院の3段階の治療ステップ

  • 教育
  • 治療
  • 予防

患者さん自身も歯科疾患の正しい知識が必要です。

頬をおさえる女性・歯磨きシーン

教育とは、患者さん自身に歯科疾患についての正しい知識を持っていただくことです。
簡単に言えば、「なぜ虫歯ができるのか?」「歯周病とはどんな病気なのか?」「どうすれば治るのか?」といった知識を身に付けることがスタートラインであり、最も重要なステップです。
患者さん自身が正しい知識を持っているからこそ、初めて治療方針の選択が可能になるのです。

3段階の治療ステップで口の中の長期的な健康を約束します

治療が終わっても、そのまま何もしなければ、治療後の良い状態を維持することはできません。歯を守るためには、生涯に渡って口腔内の細菌と戦う必要があるのです。

当院では、予防のためのメンテナンスシステムにより、治療が終わった後も口腔内の細菌との戦いをサポートしていきます。
教育、治療、そして予防(メンテナンスシステム)の3ステップにより、初めて長期的な健康が約束されるのです。

歯科疾患の予防を重要視した本質的な医療

ドーソンアカデミー実践風景

当院の診療の基本的な指針として、口の悩みを解決することはもちろんのこと、病気の原因へアプローチすることによって、単なる機能回復・審美性の回復にとどまらない歯科疾患の予防を重要視した本質的な医療を提供することを掲げています。

実際の治療のベースとしては、世界的に支持を受けている咬合学の権威であるピーター・E・ドーソン先生の提唱する「ドーソン咬合理論」を据え、経験や勘といったあいまいな要素を排除した顎口腔系のシステムの評価を行っております。
その上に実績に裏打ちされたハイレベルなインプラント治療、審美のための歯周外科などを総合的に行っており、県内をはじめ、日本全国から多くの患者様においでいただいております。

そして、現在はこの臨床理論をより多くの歯科医師に知っていただき、より多くの患者様に質の高い医療が提供できればと、ドーソンアカデミージャパンを通じて教育・指導にも力を入れており、日本の歯科医療の発展に貢献したいと考えております。

理想的な歯科診療のための
「ドーソン咬合理論」啓蒙への取り組み

ドーソンアカデミー実践室

当院が主催しているドーソンアカデミージャパンは、アメリカのドーソンアカデミーより講師をお招きし、ドーソン咬合理論を診断・臨床・組織に活かし、実践するための、日本人歯科医師向けセミナーです。

最新の教授法を取り入れ、講義だけでなく実践を交えることにより、ただ理解するだけでなく、すぐに診療に取り入れて臨床のレベルアップにつながるカリキュラムになっています。

ドーソンアカデミージャパン 詳細

日程
不定全4回(各3日間)※2014年度は以下の日程で開催されました。
  1. 第1回1月11~13日
  2. 第2回2月9~11日
  1. 第3回4月27~29日
  2. 第4回5月24~26日
定員
25人
通訳
同時通訳
会場
Maxis Implant Institute
〒330-0062 埼玉県さいたま市浦和区仲町1-5-7
TEL:048-832-8833  FAX:048-824-3099
  • ドーソンアカデミーの様子
  • ドーソンアカデミーでの実演
  • ドーソンアカデミージャパン会場全景
波多野歯科グループ紹介について