Dawson Academy Club

the American Academy of Restorative Dentistry 2015
招待ツアーへの参加

2月28日~3月1日、シカゴのリッツカールトンでThe American Academy of Restorative Dentistryが開催されました。

ミッドウィンターミーティングと同時に例年開催されていますが、会員からの紹介がなければ出席できませんし(会員1人につき1人紹介できる規則となっています)、規模は大きくありませんから参加者の人数はそれほど多くありません。しかし、補綴に関する最高峰の学会です。

日本人の正会員も、3名の名前が紹介されていました。私たちは、Peter E.Dawson先生のご好意で招待をいただき、The Dawson Academy Japanの15人で参加してまいりました。

AARDの内容は、インプラント治療・Degital dentistry・審美修復が主題の講演でした。アメリカ各地からだけではなく、ドイツ・イギリス・ポーランドなど、世界各国から集まった優秀なドクターの発表があり、日本の歯科のさらなる前進につながる時間となりました。また、友情を深め合う旅にもなりました。

シカゴ、リッツカールトンホテルから見下ろす夜のビル街

27日の夕べは、Dawson先生、そのFaculty、Family、Dawson Academy USAの方々をお招きし、日本でのコースのお礼を兼ねてパーティーを開催しました。

また、28日の夕べは、AARD会長 J.William Robbins夫妻が主催するパーティーが開かれ、旧友との再会、日本より参加された岩田先生等との人間関係の構築に多いに皆さん、満足されていました。

アメリカの咬合補綴学会をリードしてきた、マッカラム、スチュアート・グレンジャー、ラムフョールド、P.K.トーマス等、多くの巨星が去って、未だ燦然と輝く、巨匠 Peter E.Dawson先生の健在は我々に大きな力と自信を与えてくれます。

充実したChicago the American Academy of Restorative Dentistryでした。

平成27年3月26日
波多野歯科医院 理事長波多野 尚樹
  • アカデミー終了後のパーティ会場の様子
  • アカデミー終了後のパーティ会場の様子
  • アカデミー終了後のパーティ会場の様子
  • アカデミー終了後のパーティ会場の様子
  • アカデミー終了後のパーティ会場の様子
The Dawson Academy Japanについて