オールオン4費 用

最小限のインプラントで大きな効果!

1本の歯につき、1本のインプラント埋入が必要になるわけではありません。連続して複数の歯を失った場合には、連結した人工歯を使用し、少ないインプラントで歯を補うことが可能です。
近年は全ての歯を失った人でも、(片顎につき)4本のインプラントで最大12本の連結した歯が入れられるようになっています。

従来の治療法では多くのインプラント埋入が必要となり、費用負担も大きくなってしまいましたが、今では少ない費用で多くの歯を取り戻すことができるようになっています。

オールオン4で費用が抑えられる3つの理由

オールオン4の治療費用が抑えられるのには、次のような理由があります。

理由その1インプラントの本数は従来の半分以下

オールオン4治療ならば、埋め込むインプラントの本数を、従来の治療法の半分以下に抑えることも可能です。

埋め込むインプラントの本数が多くなるほど、治療にかかる費用は高くなります。総入れ歯を使っている人がインプラントにするには、従来の方法では片顎につき10本ものインプラントを埋め込む必要がありました。
この場合、治療にかかる費用は500万円を超えてしまいますから、総入れ歯の人がインプラントにするというのは、多額の費用がかかることだったのです。

理由その2骨移植が必要ない

インプラントにするには、インプラントを支える十分な骨(顎の骨)が必要になります。骨が痩せて骨量が不十分な場合には骨移植・骨再生によって骨量を増やす必要があります。しかし、オールオン4なら骨を増やす治療をしなくても、インプラントにできる可能性があります。

入れ歯の使用期間が長くなるほど骨吸収が進みやすいですから、骨量が不足しやすいです。しかし、オールオン4は角度をつけて(最大45度)インプラントを埋め込むため、骨との接触面が大きくなり、骨が痩せて骨量が少なくなっている人でも、十分な支持が得られるのです。

骨移植や骨造成をしなくて済む分、体の負担を軽減できるのはもちろんのこと、費用負担も抑えられます。

理由その3治療回数が少ない

従来の治療方法に比べ、治療の回数を減らすことが可能です。当院には、遠方からも多くの患者様がお越しになりますが、通院回数を抑えられるため喜んでいただいています。

近隣に設備の整った歯科がない、インプラント専門医がいない、といった全国の患者様に無理なく治療を受けていただいています。

価格に関するよくある質問

Q.
オールオン4の費用相場について教えてください
A.
治療部位(上顎なのか下顎なのか)や被せ物の材質などによって値段は違ってきます。そのため、その人によって費用は異なると言えます。
また、最小限のインプラントで治療が難しい場合には、6本のインプラントで治療(オールオン6)を行う場合もありますが、この場合にも費用が違ってきます。
当院では、電話・メールでも相談に応じています。お気軽にご相談ください。
Q.
オールオン4治療は医療費控除の対象となりますか?
A.
オールオン4を含め、インプラント治療は医療費控除の対象となります。公共の交通機関を利用した場合の通院費も同様です。
オールオン4について