歯磨きだけでは口の中の健康を維持できない!?

波多野歯科院内

「毎日歯磨きしていれば、虫歯や歯周病を防げる」と思っていませんか?
しかし、全ての人が歯磨きだけで虫歯や歯周病を予防できるわけではありません。口の中の状態は、その人によって違うので、自分で行うブラッシングだけでは不十分です。

口の中の細菌数や種類、唾液の量、唾液の質、歯の生え方、歯の質、年齢、ブラッシングの仕方…
虫歯や歯周病の発生には、多くの要素が関係していますから、病気のリスクや原因は、患者さん一人一人によって違います。

歯磨きは、口の中の健康維持に不可欠だということに間違いはありませんが、確実な予防には、自分の病気リスクに合った歯科医院でのメンテナンスを併せて行うことが有効です。
全ての人が同じ方法で、効果的な予防はできないのです。

日本人はメンテナンスに対する意識が低い

日本人は、病気にならなければ歯科医に行かない人が多いです。歯が痛くても、ギリギリのところまで我慢して、先延ばしする人も少なくありません。
しかし、アメリカやスウェーデンなどの先進諸国は違います。歯科受診の中心が、メンテナンス(検診)です。アメリカやスウェーデンでは、歯が痛くなくても歯科医に行くのです。

この違いの現れとして、2012年の厚生省国民健康白書統計にある、80歳の残存歯数が挙げられます。

国名 残存歯数
スウェーデン 20本
アメリカ 13本
日本 9.8本

同じ80歳でも、日本では多くの人が入れ歯になり、スウェーデンでは、自分の歯で食事を楽しめているのです。

「80歳なら、入れ歯になっても仕方ない」と思っている人もいるかもしれません。しかし、メンテナンス次第で、20本の歯を残すことは可能です。日本には、「年をとったら、歯を失うのが当たり前」と思っている人が多いですが、他の国では、80歳になっても自分の歯で噛めるように、歯を守るためにメンテナンスしているのです。

メンテナンスで全身の健康維持も可能!

歯科診察風景

口の中の健康維持を、口の中だけの問題と捉えている人も多いです。しかし、口の中の健康は、全身の健康、QOL(生活の質)向上につながります。
近年は、歯周病と生活習慣病、歯と脳、歯と老化の関係もわかってきています。

歯があることが当たり前になっている人も多いかもしれませんが、歯は失ってから、その大切さに気付くものです。好きなものを食べ、口元を気にすることなく笑い、不自由なく話すためには、歯が必要なのです。
当院では、患者様の健康や生活の質向上に向け、歯周病や虫歯治療だけでなく、病気の予防にも取り組んでいます。
歯の健康に不安を抱いている方、歯の磨き方を再確認したい方、歯科医が苦手で痛い治療をしたくないという方…ぜひ、一度ご相談ください。

メンテナンスを知ろう