オールオン4なら総入れ歯の人も
負担を抑えてインプラント治療がうけられます

多くの歯を失った人のインプラント治療は、埋入するインプラントの本数が多くなってしまうため、費用負担・身体の負担が大きくなってしまいます。
従来の治療では、片顎すべての歯を補うために、約10本のインプラントを埋入しなければなりませんでした。
しかし、オールオン4ならば、埋入するインプラントを最小限に抑えられるため、費用や身体の負担を抑えて、天然歯と同等な咀嚼能力・審美性を取り戻せるのです。

オールオン4インプラント
オールオン4インプラントを挿入したイメージ
オールオン4ブリッジ
ブリッジを取り付けたイメージ。
本来の歯に最も近い審美性の義歯

オールオン4の優れた特徴

低 侵 襲
インプラントの埋入本数が従来より少ない(4~6本)分、身体にかかる負担を軽減できる他、インプラント埋入本数が少なくなった分手術時間も短縮されることにもなります。
また、骨量が不足している場合では、インプラントを傾斜埋入することによって、骨移植なしでインプラントにできるケースもあります。
費 用
インプラントの埋入本数が多くなるほどかかる費用は高くなるため、インプラントの埋入本数を最小限に抑えられる治療法では、治療にかかる料金も通常のインプラント治療より抑えられることになります。
咀嚼機能
連結した歯をインプラントに装着することによって、咀嚼機能を回復できます。(最大で12本の歯を装着できます。)
埋入するインプラントは最小限の本数ですが、傾斜をつけて埋入することによって、顎の骨との接触面が大きくなり、安定的に連結歯を支えられるのです。
即 時 性
オールオン4は、治療したその日のうちに仮歯の装着が可能です。残存歯の抜歯が必要な場合でも、抜歯・インプラント埋入手術・仮歯の装着を1日で終了できます。
傾斜をつけてインプラントを埋入することによって安定性が得られ、治療当日に仮歯装着が可能になるのです。
審 美 性
美しい歯はもちろん、歯肉のラインやボリュームも整えられるので、口元の美しさを取り戻せます。
また、インプラントを埋め込むことによって、歯槽骨に刺激が伝わりますから、歯槽骨の吸収を抑制することも可能です。(骨吸収が進むと、シワや表情に悪影響が及び、老けて見える原因になります。)

オールオン4はこんな人におすすめです

  • 歯が
    1本もない人

    総入れ歯を
    使用している人
  • 残っている
    歯が機能して
    いない人

    残すことが
    困難な人
  • 総入れ歯が
    合わなくなった人

オールオン4の治療の流れ

初回カウンセリング

歯科医師と患者の初回カウンセリング風景
プライバシーに配慮したカウンセリングルームで、現在抱えている症状や治療への希望、疑問点などを伺います。その人によって適した治療方法は異なりますから、治療のご希望やどのように治療を進めるかについてしっかり相談します。

検査

CT
CT・レントゲンなど、治療に必要な検査を行います。当院ではX線CT装置を完備しより詳細なデータ収集を行い、インプラント治療につなげています。

治療(インプラント手術)

オールオン4インプラントの手術風景
麻酔をしてからインプラントを埋入し、仮歯を装着します。治療当日は、その日のうちに帰宅可能です。静脈内鎮静法により、痛みや不安、治療への恐怖などのストレスなく、治療を受けられます。

最終補填物の装着・メンテナンス

歯科治療台の照明
インプラント埋入手術後、最終補填物が装着されて手術当日の一連の治療は終了となりますが、これで全て終わりではなく以降はメンテナンス期となります。定期的にメンテナンスを行いながら、インプラントの状態を安定させ、良好な状態を維持していきます。継続的なメンテナンスは、インプラントを長持ちさせるだけでなく口の中の健康向上にもつながります。

静脈内鎮静法とは?

静脈内鎮静法に用いる機器

インプラント治療は、抜歯でも使用される局所麻酔のみで行うことも可能です。しかし、意識がはっきりした状態では、痛みはなくても、不安・恐怖心などストレスがあります。

当院では、静脈内鎮静法を併用し、治療の痛みだけでなく精神的ストレスも軽減したうえで治療を行っています。

麻酔科医の立ち合いのもとの静脈内鎮静法は、インプラント治療の際オペ中の意識がはっきりしなくなるため、「眠っている間に終わった」という感覚を持つ方もいらっしゃいます。治療への不安が特に強い方などはご相談ください。

将来のことを考えた治療法選択が必要です

歯を失うと、歯槽骨の吸収が進みます。そのため、入れ歯を使用しているうちに歯槽骨は失われ、入れ歯が合わなくなってしまいます。合わない入れ歯の使用は、歯槽骨の吸収を促進するだけでなく、残っている歯を失うリスクを高めると言えるでしょう。

また、入れ歯の使用期間が長くなるほど、歯槽骨の吸収は進んでいきますので、噛み合わせやさまざまな影響が出てきます。
歯槽骨が吸収されて噛めなくなると、脳や表情(顔のシワ)など、引き起こされる悪影響は全身に及んでしまうのです。歯を失った時の治療法の選択は、将来のことも考慮して慎重に行うことをおすすめします。

他院で断られた方もご相談ください

埼玉県波多野歯科診療室

入れ歯を長く使っている人は、インプラントを埋入できるだけの骨がなく、インプラント治療を断られてしまうケースも少なくありません。
骨移植やオールオン4(傾斜埋入)など、骨量が少ない方へのインプラント治療は、治療技術・医療設備が求められ、どの医院でも受けられないというのが実状でしょう。

当院では、他院でインプラントを断られた患者様にも、インプラント治療を提供できるケースがあります。
日帰り治療が可能ですので、当院のある埼玉県だけでなく、遠方からの患者様も多いです。ぜひ、お気軽に当院へご相談ください。

オールオン4について